ブラーバジェットはこまめに使うことで真価を発揮する便利家電でした

ブラーバジェットはこまめに使うことで真価を発揮する便利家電でした
Pocket

子どもの保育園入園と職場復帰を見越して、iRobot社のブラーバジェットを導入しました。

子どもがいないときでさえ、床掃除は週1〜2回。

子どものお世話と保育園の関連のタスクが加わったら、ますます床掃除の頻度が減りそう。

むしろ子どもは床を這い回るから、毎日でも掃除してキレイにしておきたいのに…。

というわけで、以前から気になっていたブラーバジェットを購入しました!

導入後、3日連続使用してわかったのですが、結論から言うと、ブラーバジェットは毎日、あるいは1日おきなど、こまめに使え!です。

ブラーバジェットを3日連続で使ってみた

ブラーバジェットの使い方は簡単です。

  1. 充電したバッテリーをセットする
  2. タンクに水を入れる(ドライスウィープモードは不要)
  3. 専用パッドを取り付ける
  4. スイッチを押して掃除スタート!

後片付けも簡単。途中で引っかかったり、バッテリーが切れて力尽きている場合を除いて、ほぼスタート位置に戻ってきているので、

  1. 専用パッドを捨てる(布タイプのパッドは洗う)
  2. バッテリーを外して充電する

詳しくは公式サイトにも。

床拭きロボット ブラーバ ジェット | アイロボット公式サイト

我が家は約10畳のダイニングキッチンで走らせてみました。

走らせる前の掃除状況はこんな感じ。

  • 手でゴシゴシ雑巾がけしたのは約1年前
  • 以降、クイックルワイパーのドライシートがけを週1〜2回
  • クイックルワイパーのウェットシートがけを週1回

使用1日目: ウェットモップモード

1日目はウェットモップモードを使用しました。

水を噴射して、洗浄剤を含んだパッドで3回拭き掃除をする、ブラーバジェットで1番念入りに掃除ができるモードです。

掃除後のパッドがこれ。

げげ!パッド全体に黒い汚れがこびりついています。

ロングコートのチワワがいるので、その毛も!

一応、ブラーバジェットを走らせる前に、クイックルワイパーのドライシートで軽く拭き掃除をしたんですが…。

でもこの汚れっぷり…。たしかに、ブラーバジェットが通った後はフローリングの輝きが違う!

あまり掃除に関心がない夫も、帰宅するなり「床キレイ!」と言うくらい、地味に床全体のキレイ度があがりました。

2日目: ドライスウィープモード

2日目はドライスウィープモードという、乾拭きの掃除です。

前日にウェットモップモードで掃除しているし、ドライスウィープモードはクイックルワイパーのドライシートでの掃除とそんなに変わらないだろうと、ものの試しのつもりで走らせたのですが…、

これが衝撃の結果に!!

毛と埃がごっそり!!!

ギャーーー!

前日、クイックルワイパーしてからウェットモップモードで掃除したのに!

どこを走ってきたのブラーバちゃん!!

ブラーバからしてみたら、「どこをどう掃除したらこんなにやり残しが出るんだよ?お前の目は節穴か?ああん?」ってところでしょう…。

いや、このドライスウィープモードは完全になめてたんですが、おそるべし、ブラーバ…。

3日目: ダンプスウィープモード

3日目はダンプスウィープモードです。

ウェットモップモードより少量の水を噴射して、洗浄剤を含んだパッドで二度拭きします。

日常的な拭き掃除のモードです。

結果がこちら。

前々日にウェットモップモードで念入りに掃除したにも関わらず、結構黒い汚れが取れています。

どんだけ汚れてたんだ…。我ながらちょっと引いちゃいます。

ブラーバジェットの効果的な使い方

以上、3日連続使用してみて私が出した結論が、

ブラーバジェットは毎日、あるいは1日おきなど、こまめに使え!

です。

というのも、3日間で2回、洗浄剤入りのパッドで水拭きしたにも関わらず、2回目のパッドにもかなり汚れがこびりついていたということは、

ブラーバジェットはガンコな積年の汚れを一度に取る力はない

と結論づけたからです。

もちろん、さらに連続して毎日水拭きすれば、薄皮をむくように積もり積もった汚れを落としてくれるとは思います。

ただ、一気に床をピカピカにしたいなら、人力で力一杯雑巾がけする方が効率的だと思います。

ブラーバジェットは現状から汚れが蓄積しないように、毎日、あるいはそれに高い頻度でこまめに使うことで、いつもキレイを保つことができる、というのが真価ではないかと思いした。

ブラーバジェットと通常のブラーバ

ところで、ブラーバには、通常のブラーバと、今回購入したブラーバジェットがあります。

ブラーバジェットは、内臓されたタンクから進行方向に少量の水を噴射して掃除します。

また、ブラーバよりも頭が良く、障害物がある場合の拭き残しが少ないようです。

私はとにかくキレイにしたかったので、ジェットの方を選びました。

ただしジェットは小型な分、バッテリーも小さく、通常のブラーバよりも一度に掃除できる範囲が狭いので、広いLDKをいっぺんに掃除したい人は通常のブラーバが向いていそうです。

まとめ

ブラーバジェットは毎日使おう!

ただそうすると、専用の使い捨てパッドは1つ100円前後するので、ランニングコストが結構するですよね。

その辺りは追ってブログに書いていこうと思います。

Pocket

Leave a reply

*
*
* (公開されません)