イタリアの家庭のエスプレッソを手軽に楽しむマキネッタ

イタリアの家庭のエスプレッソを手軽に楽しむマキネッタ
Pocket

エスプレッソと言えば、デロンギ等に代表される全自動エスプレッソマシーンでいれたコーヒーを思い浮かべると思いますが、エスプレッソの本場イタリアの家庭では、直火式エスプレッソメーカー「マキネッタ」でいれるのが定番だそうです。

マキネッタの魅力は?

マキネッタならではの味わい

ドリップやフレンチプレスよりも高い圧で抽出するので、コーヒーにコクが出ます。
また、少量の水分で短時間で抽出するので、コーヒーの雑味が出にくいと言われています。

手軽

意外に思われるかもしれませんが、私はドリップコーヒーよりもマキネッタの方が手間がかからないと感じています。
ドリップコーヒーは、上手にいれようと思うと、お湯の注ぎ方にかなり気を使わないといけませんが、マキネッタなら火にかけておけばOKです。

経済的

全自動エスプレッソマシーンは、家庭用の安いものでも1万円近くします。
対して直火式エスプレッッソメーカーは安いものだと4千円ちょっと。購入時のハードルが全然違います。

 

マキネッタでエスプレッソをいれてみよう!

※以下、3カップ用マキネッタを使う場合です。

コーヒー豆を20g計ります。
豆はやや深煎り〜深煎りがおすすめ。

ミルを持っている場合は、細挽きで挽きます。Kalita ナイスカットミル私はKalita ナイスカットミルの1番で挽いています。
極細挽きは目詰まりの原因になるので、お店で挽いてもらう際は細かくしすぎないように注意してください。

マキネッタマキネッタのパーツ。
奥から時計回りに、サーバー、コーヒーバスケット、ボイラー。

マキネッタのボイラーボイラーに水を入れます。
見えにくいですが、内側に線があるので、そこまで水を入れます。
だいたい180mlくらいです。

マキネッタのコーヒーバスケットにコーヒー粉を入れるコーヒーバスケットをセットして先ほど挽いた豆を入れます。
スプーンで軽く押してならしながら入れていきます。
※機械式のエスプレッソマシーンでは、ここでタンパーという道具を使って豆をぎゅうぎゅうに押し込みますが、マキネッタはエスプレッソマシーンほど高圧にならないことと、目詰まりの原因になるので、タンパーは使いません。

豆を全て入れたらサーバーを取り付けます。
しっかり締まっていないと、圧がかからずエスプレッソが上がってこない原因になるので、きつく締めましょう。

マキネッタを火にかける直火にかけます。火加減は弱火。(写真は撮影に夢中で強火のままですが(汗))
強火だと水が突沸するなどして、エスプレッッソがきちんと抽出されないことがあります。

シューっという音と湯気が上がってきたらもう少し。
続いて、コポコポという音が聞こえてきます。
これが、エスプレッソが上がってきた音です。

マキネッタでいれたエスプレッソだいたいこれくらいで、ボイラーの水が全て上がっています。

マキネッタでいれたエスプレッソ火から下ろしてできあがり。

マキネッタのお手入れ

洗剤で洗ってはいけません! 水やお湯のみで洗ってください。
そうすることで、コーヒーの香りが器具になじみ、使うほどにその家庭の味が出せるようになるそうです。
「器具を育てる」楽しさも、マキネッタの魅力の一つだと思います。

まとめ

簡単に、ドリップコーヒーとは違う味わいを楽しめるマキネッタ、ぜひ試してみてください!

私の使っている道具たち↓

Pocket

Leave a reply

*
*
* (公開されません)