Apology accepted./ 24の気になるフレーズ

Apology accepted./ 24の気になるフレーズ
Pocket

誰かとケンカした後、相手が謝ってくれたら何と答えますか?

日本語でも難しいですよね。

「もういいよ」「わかったよ」とか、そんなところでしょうか。

怒ったり言い争ったり喚いたりが多い24(笑)、謝罪のシーンもたくさんあるのでご紹介します。

前回の気になるフレーズはこちら。You have to come help me!/ 24の気になるフレーズ | 七サボり八起き

Apology accepted.

シーズン2より。

妹のフィアンセが犯罪に関わっているのではないかと心配する女性・ケイトは家族に秘密で探偵を雇い、妹・マリーのフィアンセ・レイザを調査させていた。結婚式当日に起こったテロにより、レイザの関与が疑われ、CTUに連行されるレイザ。

姉が探偵を雇っていたことを知り激怒するマリーに、ケイトは必死に謝罪する。

そのときのマリーのセリフがこちら。

Apology accepted.
(あなたの気持ちは)わかったわ。

あなたの謝罪は受け入れられましたよ、ってことですね。

でもこのセリフ、許すか許さないかは別みたいです。

現にマリーは「謝罪は受けとったけど、もう顔も見たくないから出てってよ!!」と再激怒しています…。

“Apology accepted “の後、ちゃんと仲直りする別のシーンもあったので、許す場合ももちろんあるのでしょう。

まとめ

ないに越したことはないけど、ケンカや言い争いになったときのために覚えておこう。

Pocket

Leave a reply

*
*
* (公開されません)