初期段階のでの英語学習|基本的な発音方法

初期段階のでの英語学習|基本的な発音方法
Pocket

最近、「英語の勉強始めようと思うんだけど、何から始めたら良い?」と聞かれることが増えてきました。
もちろん私より英語が上手な人は世の中にごまんといるわけですが、約3年間英語の勉強を続けて、それなりに効果が出てきているいる私に親近感を感じてくれるのでしょうか。「英語の勉強始めたい」「興味があるんだけれど何から手をつけたら効果的なんだろう」と思っている身近な人から質問をもらいます。

そこで、私が英語学習の初期段階でやってて良かったと思える勉強方法を、3回に分けて紹介しようと思います。

  1. 基本的な発音
    2.基本的な文法
    3.発話の練習

1と2は同時並行でもいいですが、3は1と2が終わってからのほうが効果的だと思います。

今回は「1.基本的な発音」からご紹介します。

なぜ発音の勉強するのが効果的なのか?

    理由は3つあります。

  • 英語と日本語の発音は本当に全く違うので、知識なしに教材の声をマネることには限界がある
  • 文字を見たときに”音が鳴る”ようになる
  • 自分が発音できない音は聞けない(らしい)

実は3番目の理由は複数の教材で見るにも関わらず、私は自身がまだ実感できていない部分なので、1と2を中心に、教材の紹介と合わせて説明します。

おすすめの教材は?

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる(松澤喜好著)
英語耳

身につくこと

各子音、母音ごとの音の出し方(口、舌の形の作り方)

学習期間

2週間くらいで音の出し方は理解でき、意識すればそれなりに正しい音が出せるようになります。
が、この段階では口や舌への意識が薄くなると、途端に元の発音に戻ってしまいますし、文章を読んだり自分の考えを言ったりする際にも、正しい発音がキープできなくなると思います。

なので、2週間で発音が完璧になるのではなく、ここで身につけたことを以降の学習過程でも意識することで、常にほぼ正しい発音で話すことができるようになると思います。

具体的な学習内容

ここからは教材で紹介されている内容を具体的的に、かつかいつまんで説明します。

この教材では、英語の各子音と母音の口の形、舌の位置が図と文章で分かりやすく解説されています。
特に、fとvなど、舌・口の形が同じ無声音と有声音、ɒとʌとæなど、日本人が区別しにくい音を同じページで組み合わせて解説しているところが非常に分かりやすく、CD音声も付いているので最初に発音を勉強するならこの本がベストではないでしょうか。

例えば、私はこの『英語耳』に出会うまで、sとshの音を区別していませんでした。
というより、「え、違うの!?」という感じで、違いがあるなんて全く想像したこともありませんでした。

sはカタカナで書くとすれば、シーではなくスィー。
前歯の間から息が漏れるような鋭い音です。
舌は前歯の付根に触れるくらいの位置にあります。

shは、静かにして欲しいときに「シーっ!」というときの音。
舌はsと比べると上顎に近い位置にあり、口全体がsよりも緊張している感じです。

英語の早口言葉言葉に、
She sells seashells by the seashore.
というのがあります。
青字がsh、赤字がsの音です。
sとshを区別しない内は、これの難しさが分かりませんが、区別して発音しようとすると、これが大変なんです(涙)

他にも、発音自体は難しくないですが私が未だによく間違うのが、文頭にくる’who’です。
これはhの音(舌や歯や唇に邪魔されずに喉から息が上がってくる音)ですが、ついf(唇と上前歯の間から息が擦れて出る音)で発音してしまい、ネイティブの先生によく指摘されます。

紹介した4種は全て子音ですが、もちろん母音の説明もあります。

これだけで発音が完璧になるわけではありませんがが、発音記号と、どんな口の形、音か分かるようになると、リーディング時に単語の「音が鳴る」ようになるんです。頭の中で音が再生される感じです。

この教材のコラムにも、正しい発音ができるようになれば、リーディングがリスニングの練習にもなる、という趣旨のことが書いてあります。
練習を始める前は意味がよく分からなかったのですが、練習をして音の出し方が分かるようになると、何となく意味がわかってきます。

発音が上達するステップ

私の今までの経験上、発音がよくなる過程には大きく分けて3段階あります。

子音単体、単語単体でほぼ正しい音が出る

文章を読むときにほぼ正しい音が出る(リズム、リダクションやリエゾンはの正確さは除く)

自分の言葉で話すときにもほぼ正しい音が出る

わたしは現時点では2段階目くらい。

TOEIC SW のスピーキングで、文章音読の読む方の発音スコアは「high」だけど、自分の言葉で話す場合には発音が不安定になる場合がある、と判定されます。

まとめ

私も、文章を読むときにもっと正確に発音できるように、自分の言葉で話す時も発音がぶれないように、日々意識して練習することがまだまだ必要です。ですがこの本を英語学習の割と初期段階でやっていたので、その後の長い学習期間、正しい発音を意識して練習・学習が続けられています。

英語学習を効果的に進めるために、発音練習をしたことがない方は、ぜひ試してみてみることをお勧めします。

Pocket

Leave a reply

*
*
* (公開されません)