困っている”東アジア人”観光客への声のかけ方を考えた

困っている”東アジア人”観光客への声のかけ方を考えた
Pocket

最近、外国人観光客が増えたなーって思いますよね。
私も電車内や乗り換え駅で毎日のように姿を見かけます。

英語表記があっても字が小さかったり、そもそも日本語表記しかなかったり、困っている人も多々見かけます。

せっかく日本に来てくれてるし、楽しく過ごしてほしい!

明らかに困っている様子の人には、

  • Where are you going?
  • You need any help?

と声をかけるようにしています。

が、とまどうケースが。

それは困っているその人が”東アジア人”だったとき!

いや、日本人なら助けなくていいとかそういうことではないんですよ。

ただ、英語で話しかけちゃって日本人だったらこっちも恥ずかしい、向こうもちょっと気まずいですよね?

実際にあるんです。

乗り換え駅で、ベビーカーを押していた”東アジア人”のお母さん。

エスカレーターのない階段を1人でベビーカーを下ろそうとしていたので、とっさに声をかけたんです。

「You need any help?」

「あ、オーケー、オーケー!」

……日本人やん!!

私の方が外国人と思われたのか、アホな私を気遣って英語で返事をしてくれたのかは分かり兼ねます!

が、申し訳ない〜〜〜!!!

という気持ちになってしまいました。

以来、東アジア人の方を見かけると、耳ダンボにして、話している言語を確認する私です。

そんな私ですが、ふと思ったんです。

そうだ、日本語で話しかければいいじゃん!!
と。

日本語で、
「大丈夫ですか?」
と声をかけ、
相手が言葉が分からなそうだったら、英語に切り替える!

これだ!!!

これで何の憂いもなく声をかけられるではないか!

まとめ

相手が中国語とかタイ語とかしか話せなかったら?

必殺、ボディーーーランゲーーージ!!!
とぅっ!!

Pocket

Leave a reply

*
*
* (公開されません)