ピロリ菌検査の結果を受け取ってきた

ピロリ菌検査の結果を受け取ってきた
Pocket

先日、ピロリ菌検査に行ってきたブログを書きました。
ピロリ菌検査に行ってきた

検査結果を受け取ってきたので、報告します。

検査結果は?

結果から言うと、陰性でした。
ピロリ菌抗体検査
↑ピロリの抗体検査の結果です。

「3未満」に○印がついています。
これが私の抗体濃度。
これが10未満だと陰性です。

陰性と言っても、100%ピロリ菌がいないことを保証するものではないそう。
数%、ピロリ菌がいる可能性が残るそうですが、年齢や生活環境から考えて恐らく大丈夫でしょう、ということでした。

おまけ。他の検査結果も

ピロリ菌の抗体検査でだけではなく、肝機能や血液の検査結果も載っていました。
血液検査結果

左の青い部分の上半分が肝機能を示す数値。
特に異常はないそうですが、コレステロールがちょっと低めかな。
特に善玉(HDL)。

アルブミンは4.7でまあまあでしょうか。

右半分のオレンジの部分はは血液の状態の検査結果。
いわゆる貧血かどうかはここで見るようです。

血色素量(ヘモグロビン)は13.7。まあまあか。
ヘマクリット値は血液の固形成分の割合で、低いと血液が薄いということ。
41.1は基準値の上の方なので大丈夫ということかな?

MCVは赤血球の平均の大きさ。90.9。これも基準値の上の方。
MCHは1個の赤血球に含まれるヘモグロビンの平均の量。30.3。これも基準値の上の方。
MCHCは一定量の赤血球に含まれるヘモグロビンの量。33.3。これも基準値の上の方。

総合して、貧血ではないそうです。

参考サイト
赤血球数の検査:女性に多い貧血など全身状態の把握に有用

まとめ

ピロリ菌検査は陰性でした!

しかしそれよりも気になったのは、ピロリ菌検査に付随した他の検査項目。
会社で実施される健康診断よりも細かい結果が返ってきたのですが、ざっくりと「異常なし」という以外、細かい数値を読み解くことができないのはもったいないな〜、と思いました。

もう少し掘り下げて調べてみようと思います。

Pocket

Leave a reply

*
*
* (公開されません)