素晴しいコーヒーが味わえる”注文の多い珈琲店”!?北山珈琲店

素晴しいコーヒーが味わえる”注文の多い珈琲店”!?北山珈琲店
Pocket

1年間ずーっと気になっていた北山珈琲店についに行ってきました。

なぜ気になりながらも行かなかったかというと、このお店、普通のカフェや喫茶店とは少し違うからです。

  • 30分以上の長居禁止
  • 商談、勉強、読書禁止
  • 写真撮影禁止
  • メモ禁止

まるで宮沢賢治の『注文の多い料理店』のよう^^;

偏屈でガンコなマスターにいつ怒られるのではないかと緊張しながら飲むコーヒーなんて、いくらおいしくても絶対に嫌!と思っていました。

が、お店の雰囲気も、味も想像をはるかに超えて素晴らしかったので、ご紹介します!

素晴しいコーヒーが味わえる老舗

上野駅徒歩5分の場所にひっそりたたずむ北山珈琲店。
古びた外観が素敵です。北山珈琲店

店内は撮影禁止。
外観も、あまり近くから撮るのははばかられたので、遠目に。

少し緊張しながらドアを分けると、若い店員さんが、「表の張り紙は読んでいただけましたか?」と。

例の禁止事項が書かれた張り紙、絶対に目にとまる位置に貼っているのですが、読まないで後で文句を言うお客さんとかいたのかな?

我々が入ったときにはお客さんは二組。
豆を買いに来た方と、テーブル席でコーヒーを待つ2人組。

店内はカウンター8席程度、小さめの4人掛けテーブル二つですが、我々も合わせて5人入っただけで結構キツイ感じです。

メニューを見ると、豆の種類のよってかなり値段に幅があり、下はだいたい1,000円から、上は5,000円まで。

我々はウエスタンブレンドを注文。一杯1,300円。

価格設定はコーヒーにしては高めですが、店内にあるコーヒー豆についての張り紙を読むと、納得。

豆はエイジングコーヒーとも言われる、熟成オールドビーンズを使用しているそうです。

入荷した新豆はすぐに使わず、小分けにして紙袋に入れ、専用の熟成庫で3〜10年熟成させる!
非常に手間がかかるので、今はエイジングコーヒーを作っている人はほとんどいないのだそう。
希少です。

さらに、焙煎は直火で少量ずつ、その日に使う分しか焙煎しないそうです。

トロッとなめらか。出会ったことのないこだわりコーヒー

コーヒーは注文から出てくるまで10分程かかります。丁寧にいれてるんでしょうね。

デミタスカップより少し大きめのコーヒーカップと、小瓶に移されたグラニュー糖、ザラメ、氷で冷やされた生クリームも一緒に運ばれてきます。

砂糖2種類、生クリームもわざわざ氷で冷やしてある、というのにも並々ならぬこだわりを感じます。

最初はブラックで、とあるので、一口すすると……!

何これ!!!
トロッとしてる!!!
そしてこの花のような香りは!!?

見た目はフツーのコーヒーなのですが、その濃さ、なめらかさ、香りは、我々がイメージするコーヒーとは全くの別物です。
苦味も強いのですが、全然嫌な感じじゃない。

正直、どうやって淹れているのか、想像がつきません。ネルドリップで淹れているそうですが、こんなにトロッと滑らかなネルドリップコーヒーは初めてです。
(カウンターを覗き込むことも禁止です。また、通ぶるのも禁止なので、マスターにどうやって淹れてるんですか?と聞くのも難しそう)

マスターはどんな方?

そして私が来店前に勝手に「偏屈でピリピリしている」とイメージしていたマスターですが、全く逆のお人柄でした。

スタッフさんと話している声、帰り際にカウンターから挨拶されたときに目があったくらいですが、とっても穏やかな声の、笑顔が優しいマスターでした。

勝手にひどいイメージを持ってごめんなさい!

豆も売ってます

豆も販売されています。
種類と熟成期間によって値段は違いますが、熟成2〜3年もので、100g1,000円以下のものもあり、意外にお手頃です。

私はホンジュラスとアラビアンモカブレンドを100gずつ購入。合計1,700円。コーヒー豆

しかし、どう淹れてもお店で飲む味とはかけ離れたフツーのコーヒーになってしまう……。

やっぱり北山珈琲店の豆はマスターが淹れてこそなんだと思います。

まとめ

コーヒー好きの方はぜひ一度訪れてみてください。
他ではほぼ絶対に飲めないコーヒーが味わえます。

お店情報

営業時間:
12:00-20:00(19:30オーダーストップ)
定休日:月曜日
住所:
東京都台東区下谷1-5-1
アクセス:JR上野駅入谷口 徒歩5分

Pocket

Leave a reply

*
*
* (公開されません)