ディベートメモ Fast fashion is better than expensive brand.

ディベートメモ Fast fashion is better than expensive brand.
Pocket

先日、新年最初のディベート勉強会に参加しました。
新年なのでカジュアルなテーマでやろう、ということで決まった議題(motion)は、

Fast fashion is better than expensive brand.
ファストファッションの方が高級ブランドよりも良い。

振り返ってみます。

※ここに書いてある内容はディベート上での主張であり、私を含むディベート参加者個人の意見では必ずしもありません。

ディベートのルールはこちら
英語学習者にとってもおすすめ!パーラメンタリーディベート
パーラメンタリーディベート ゲーム開始前
パーラメンタリーディベート ゲーム中
パーラメンタリーディベート 勝敗

相手のスタンス、争点を予測する重要性

今回の練習で一番の収穫は、議題を肯定する側(Government)が出してくるであろうスタンス、争点をできるだけ予想することの重要性です。

私は議題を否定する側(Opposition)でした。
ゲームは肯定側(Government)のスピーチから始まり、ここで議題の細かな部分の定義(definition)が決まり、肯定側のスタンスと争点が明らかになります。

肯定側のスタンスとあまりにもズレたスタンスを否定側が出してしまうと、議論が噛み合わないゲームになってします。否定側は肯定側が出してくるであろうスタンスと争点を、できれば複数パターン想定しておけるといいと感じました。

否定側での予測

今回の議題を例にすると、事前の準備時間(preparation time)で私がファストファッションの問題点としてあげたのは、

  1. 安いが質が良くないものは結局何枚も買い換えることになるので、お金と時間が無駄になる
  2. 質が良くないので、買って捨ててを繰り返すのは資源の無駄である
  3. 安価で販売するために、発展途上国での労働者搾取につながっている側面がある

という3点。

他のメンバーと話し合い、1,2は争点として使いましたが、3は使いませんでした。

最終的に私たち否定側が打ち出したのは、

  1. 服を着る目的はセルフブランディングであり、高級ブランドの方がビジネスやデートなどの大切な局面で良い影響を与える
  2. ファストファッションの質は向上しているとはいえ、素材・技術的観点から耐久性などの質では高級ブランドにはおよばない
  3. 結局何枚も買い換えることになり、お金・時間・資源の無駄になり、個人的にも環境にも良くない

の3点でした。

肯定側のスタンス、争点

肯定側のスタンス、争点は、

  1. 服は消費財であり、どうせ買い替えが必要なので消費者としては安いに越したことはない
  2. 洋服だけではなくお金を使わないといけないことは他にもある
  3. ファストファッションは富裕層からそうでない層、若年から老年まで対象が広い

です。

結果から言うと、肯定側のスタンスと争点と大きくはズレていないのですが、微妙に合う点、合わない点があり、もっと議論を噛み合わせることができただろうと思っています。

まとめ

否定側としては、相手の出方をもう少し何パターンか予測しておけると良かったです。
最終的には可能性の高いスタンス、争点をメインにスピーチを作ることになるのですが、この可能性もある、あの可能性もある、という話をチーム内でもう少ししておくことで、ゲーム開始後の軌道修正も容易になり、より面白いゲームができるようになるのではないかと感じました。

Pocket

Leave a reply

*
*
* (公開されません)