ハリオ円錐形ドリッパーで美味しいコーヒーを入れるコツ

ハリオ円錐形ドリッパーで美味しいコーヒーを入れるコツ
Pocket

コーヒーには色々な淹れ方があります。
ドリップコーヒーひとつとっても、フィルターは紙か布か金属か。
ドリッパーの形は扇形か円錐形か。穴の数は。リブ(溝)の形状は。

自分にあった器具、淹れ方を研究するのもコーヒーの楽しみのひとつ。

今回は私が一番よく使う方法、ハリオの円錐形ドリッパーで淹れる方法をご紹介します。

ハリオ円錐形ドリッパーの特徴

ハリオ円錐形ドリッパー
ハリオ円錐形ドリッパーの特徴は、写真のように、

  • 中央に大きな穴が開いていること
  • ウズ状にリブと言われる溝が入っていること

の2点です。

この二つの特徴によって、

  • お湯がコーヒーに触れる時間が長くなり、コーヒーの風味が抽出されやすい
  • 空気の通り道ができるためコーヒー粉が十分に膨らむ
  • お湯がドリッパーに溜まらずに落ちるので、ネルドリップに近い味が出る

という良さが生まれます。

ハリオ円錐形ドリッパーでの淹れ方(2杯分)

ご紹介するのは管理人こぼし流の淹れ方です。
標準的な淹れ方だと少しサッパリしすぎると思って、標準的な淹れ方や、好きな喫茶店のマスターの淹れ方を見て、好みの味になるよう自分なりにアレンジしました。

私の淹れ方は標準的な淹れ方に比べて、濃くやや苦みが強めの味になります。

ハリオ円錐形ドリッパー 用具

1. 水を600gヤカンに入れて火にかけます。

2. 新鮮なコーヒー豆をやや細かめに挽きます。
私はKalita ナイスカットミルの3番で挽いています。
豆はやや浅煎り〜中煎りがおすすめです。

3. 沸騰させたお湯を火から下ろし、約90度に冷まします。
ドリッパーにペーパーフィルターをセットして、コーヒー粉を入れます。
前後左右にゆすって、コーヒー粉の表面ができるだけ平らになるようにします。
ハリオ円錐形ドリッパー

4. ドリッパーの「中央」に、お湯を1滴ずつ、トン、トン、トン、とテンポよく注ぎます。
ハリオでコーヒーを淹れる

5. サーバーの下にコーヒーが落ち始めたら、「中央に」500円玉サイズに”の”の字を描くように細くお湯を注ぎます。
ハリオでコーヒーを煎れる

6. ふっくらした粉なからお湯があふれないように注ぎ続けます。サーバーに500mlコーヒーがたまったら終了です。
ドリッパー内のお湯は落とし切らないように、お湯が残っている状態でサーバーから外してください。
お湯を落としきると雑味も入ってしまいます。
ハリオでコーヒーを淹れる

まとめ

ハリオ円錐形ドリッパーは、ウズ状のリブにより、お湯の落ちる速度が他のドリッパーより速めです。
そのため、丁寧にお湯を注がないと、薄くて砂っぽい味のコーヒーになってしまします。
ゆっくり丁寧に抽出して、コーヒーの味を楽しみましょう!

他にもこんな淹れ方もおすすめです↓
イタリアの家庭のエスプレッソを手軽に楽しむマキネッタ
スッキリした味わいのコーヒー抽出方法「エアロプレス」
器具がなくてもフレンチプレスができる!?

私の使っている道具たち↓

Pocket

Leave a reply

*
*
* (公開されません)